2008年05月09日

ラモン・ロケッタ・テンプラニーリョ 【2006】

ラモン・ロケッタ・テンプラニーリョ 2006.jpg

絶対予約がとれないことで超有名!
予約は20年先までいっぱい!! 
スペイン国内にたった4店舗しかないミシュラン格付レストランの1つ『エル・ブジ』の看板ワインを予約せずにたっぷり堪能できるんです!

世界でもっとも予約殺到しているレストランといって過言ではない!
一つの席を確保するには約2000倍の競争率!!!というかまず無理! 
その一つの席を確保するために、世界の美食家が、一流の料理人が、わざわざ足を運びます。
そんな世界でもっとも注目を浴びる三ツ星レストラン『エル・ブジ』のオーナーシェフがわざわざここのワイナリーを訪問し、なんと、『エル・ブジ』ワインリストの看板ワインとしてオンリストしているワインのご紹介です! 

『エル・ブジ』のオーナーシェフ、フェラン・アドリア氏は、全世界に多大な影響を与えるアメリカの『TIME誌』で、『世界に最も影響を与えた100人』に選ばれている方なのです。
全世界に多大な影響を与えるシェフが、わざわざワイナリーまで赴き、しかも。。。『エル・ブジ』看板ワインとしてオンリストしているだなんて、絶対に飲んでみる価値大ありです!

世界中から予約が入るのに、1年の半分はお休みという、世界でも最も予約が取れないレストランとして超有名な3ツ星レストラン『エル・ブジ』の、
看板ワインが飲めるチャンス!
予約とらなくっても飲めるんですよ! 
しかも、「そこまですごいワインなんですか???」と震え上がるくらい、すごすぎのエピソードが、まだ、あるんです、、、、、
この『ラモン・ロケッタ』ワイナリーに、あのスペイン皇太子<次期国王>が、自ら訪問しているんです!
次期国王がわざわざ、訪問するだなんて、いくらなんでもすごすぎです! 
スペインの至宝といっても過言ではない!!

いったい世界を揺るがす実力を誇る『ラモン・ロケッタ』ワイナリー、どうしてここまで高品質ワインを造りだせるのでしょうか?
まず、高品質である理由の一つにあげられるのが、
“歴史が長い”ということです。
ローマ時代からワイン造りを行っている『ラモン・ロケッタ』の歴史は、1199年から始まり、ワイン販売を行ったのが1898年からになります。
歴史が長く、長年のワイン造りの知識や伝統が受け継がれてきているので、高品質ワインができあがるのです。
さらに、歴史、伝統のみに固執していないのがこのワイナリーのすごいところで、旧家伝来の方針を受け継ぎながら、超最新設備を取り入れています!
『ラモン・ロケッタ』のワインシリーズは。。。
◇テンプラニーリョ
◇テンプラニーリョ・リゼルヴァ
◇シャルドネ
◇カベルネソーヴィニョン
の4種類があるのですが、本当にどれもこれもすべて超高品質!
甲乙なんてつけることできません!
このおいしさにほれ込んだインポーターさんは、このワインを入荷するために、1年以上の歳月をかけています。
1年以上の歳月をかけて、頼みに頼みこんで、やっと、念願がかなって取引ができたのだそうです!
そんな話題がつきない『ラモン・ロケッタ』のテンプラニーリョをいただいたのですが、胸を打ちぬくおいしさでした!

かなり濃い紫色で、完熟プルーンや、ブルーベリーなどの濃厚な黒果実香に、ビターチョコレートのようなシックに甘い香り、注ぎたてのコーヒーの香りや、モカ、さらには、樽からくるヴィニラ香が、噴水のように広がっていきます!
口に含むと、完熟したカシスや、フランボワーズの
凝縮された果実味に、ハーブや、スパイス、ブラックペッパーのスパイシー感が絡まりつき、溶けこんだタンニンがあり、さらには、まるでヴィニラクリームを彷彿させる樽からくるヴァニラのニュアンス、ビターチョコレートソースのような甘みとコクがふわーっと溶けていきます!
コクと深みがしっかりとしていながらも、スペインワインらしい果実の旨味、酸味が絶妙なバランス!
めちゃめちゃシアワセを感じるおいしさに仕上がっています!!



◎うきうきワインの玉手箱

◎京橋ワイン
posted by misswain at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ● スペインワイン ● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。